橈骨遠位端(不全)骨折

 右手橈骨遠位端(不全)骨折の治療日記です。

軽い症状にも関わらず、完治まで2ヶ月近くかかってしまいました。



手首の捻挫・・・かな?

手首の捻挫・・・かな?続報

手首、ダメじゃん。

手首診察

橈骨遠位端(不全)骨折

ギブス生活2日目

シャワーが大変…

「高岡万葉マラソン」強行出場

ギブスカバー

通院3回目(橈骨不全骨折)

ギブスの中は垢だらけ?

ギブスから包帯へ

今年も遠来賞ゲット!

ふくらはぎの肉離れ

完全復活!間近・・・

治癒率90%!?

完治!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

完治!

我が主治医(整形外科)は、日頃からおじいちゃん・おばあちゃんを相手にしてるせいか、とにかく慎重!

小生、手首&脚が痛くも痒くもない状態で受診したのが、先月の末・・・放っておけば治るレベルにもかかわらず「ひと月後に診せてください」と、まさかのお言葉を頂戴した。

てなことで、根がマジメ小生、ひと月後のきょう、わざわざ受診してきましたよ〜
いつもどおり、レントゲンも撮られましたよ〜

で、その診立てと言えば、当然「手首も脚も完治ですね。きょうで終わりにしましょう!」だって。
まあ、分かっていたこととは言え、なんかうれしいのも事実・・・ひとつ(ふたつ?)のことをやり遂げた時の充実感に似ている。

だいたい患者というものは、「喉元過ぎれば何とやら」で、痛みがひいたり、症状が改善すれば、病院に行かなくなるのが普通だ。
当然、医者もそういう患者の行動が分かっているから、「もし何かあったら来てください〜」程度の話で、診療打ち切りモードにはいるものなのだが・・・

この丁寧さが、おばあちゃんに人気なのかも・・・と、ひとり納得。




治癒率90%!?

我が右手首(不全骨折)の治り具合だ。
二週間前が80%だったから、10ポイントのアップ!・・・医者の言葉とは言え、このパーセンテージにさしたる意味がないことは自明。「だんだん良くなってますね〜」ぐらいの意味だろう。

で、最後の10ポイントにはあとひと月かかるみたい。本日完治宣言してくれるかと思ったら、「一ヶ月後に様子見て、治療終了にしましょう・・・」だって。
相変わらず「重いものは持たないように」との慎重アドバイスも・・・数日前には強烈シュートを受けてきたとか、明日もフットサルなんてことは口が裂けても言えない。

「肉離れのほうは、年が明けたら軽くジョグ始めていいですよ〜」とも言われたけど、すでにMAXで走り回っている・・・

万一、このひと月の間に怪我した場合、とてもじゃないが、この病院には行けないな〜
医者と患者の信頼関係にヒビが入ってしまうわけで・・・

完全復活!間近・・・

昨日はフットサルリーグの日。

医者の完治宣言を待たず、強行出場を図る。
試合前には入念なマッサージ、患部のふくらはぎと手首は、これでもか〜というほどのテーピングで、出場を直訴・・・が、敬老精神溢れる代表に「自重!」の二文字で軽く却下されてしまった。、

まあ、それでも諦めないのが、ジジイの図々しさ。代表がピッチにいるすきに勝手に出場する。でもそこは、チキンなオイラのこと、ピッチに立った時間は合計10分にも満たない。

ベンチに戻るたびに「脚は?手首は?」とみんなに心配してもらったけれど、痛みもなければ違和感もない。
一夜明けても、ノープロブレムだ!

ということで、次節は「完全復活」間違いなし!

ふくらはぎの肉離れ

本日、(手首の)通院5回目。

順調に回復し、完治度80%というところらしい。急激な力、不意の力に注意すれば、普通に生活していいとのこと。


復活間近である!

と、思いきや・・・・
先日のマラソンで痛めた右ふくらはぎを診てもらったところ、「軽い肉離れ、全治3週間」という悲しい結果になってしまった。
早期に完治させるためには、医者の「しばらく走るのは止めて下さい」という忠告は、素直に聞いたほうがよかろう。

てなことで、しばらくはフットサルも休み!ランも休み!
間違いなくデブるな〜



ギブスから包帯へ

ギブス生活丸二週間目のきょう、やっとその拘束から解放された。


「ギブスの下は垢だらけ」と覚悟していたが、さほどのこともなく、はたまたニオイも問題なし。
可動域も左手とほとんど変わらず、これまた問題なし。

あまり負荷をかけなければ、普通にしてよいとのこと。

リハビリにまじめに取り組めば、復活も近い…


ギブスの中は垢だらけ?

ギブス生活11日目。


ファブリーズのかいもなく、ニオイはきつくなるばかり。
パン生地発酵のニオイだけでなく、最近は耐えがたい汗のニオイもするようになった。
出来るだけ汗をかかない生活をすれば、少しはマシなんだろうけど、実際はその逆!大量発汗のランを二日に一回はやっているのだ。

きょうも、1時間ほど駆けてみたが、いつものようにギブスの中は汗みどろ…その湿り具合がどうにも気持ち悪い。

ってことで、ギブスの隙間にタオルを突っ込んで拭いてみたが、汗はほとんど拭けずじまい…タオルについてきたのは汗ではなく、むしろ垢!
タオルが汚れて、土色になってしまった。


木曜日、ギブスをガバーッと開けた時、強烈なニオイとひどい垢に恥ずかしい思いをすることになるのだろうか…

search this site.
categories
selected entries
recent comment
links
profile
others
sponsored links
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM