<< サンダーバード2号 | main | 上部尿路結石ってこと? >>

背中痛(相当強め)

現在夜中の一時。
早寝早起きの小生にとって、いつもなら夢の時間(就寝中)のはず・・・

なのに、今はPCに向かっている。
なぜかと言えば、昨晩から背中の痛みがひどく、たまに呼吸もできないほど痛くなるのだ。当然寝ていることができず、痛くない体位を求めて立ったり座ったり、あるいは重力軽減のために風呂に浸かったりのくり返し。

この痛み、かつて二子を産んだ「尿管結石」の発作に近い。
ただ、「尿管結石」の時は、下痢・腹痛・嘔吐があったが、今回はこれら症状はなく、若干のムカつき、軽度の頭痛があるのみ。
正直、どこが悪いのか分からない・・・


原因(経緯)はこうだ。

先週土曜日、2008年ラストランに向けて、25キロほど走った。

日曜日、前日の疲れも癒えないまま、サッカー大会。
いいゲーム展開で、いつもにない緊張。しかも若干のムカつきがあったので、朝食を除いてほとんど食べない状態で夕方まで過ごす。
その後、10円ビールとかいう触れ込みに誘われ、サッカー大会の反省という名目で、焼肉・ビール・ワインの暴飲暴食。

月曜日、背中に違和感を抱えたまま、飛行機(from千歳to小松)に乗るが、痛みでじっとしていることができない。
この時点では、「前日のサッカーが原因、単なる筋肉痛」と思い込んでいたので、ホテル(高岡)へ着くなりマッサージを受ける。
背中(へそ裏から上部へ20センチ、背骨の左右15センチの範囲)を触られるといつもと違う痛さに見舞われた。
そして、夜中・・・あまりの痛さに目覚め、室内を徘徊することになる。

火曜日(昨日)、そんな爆弾を抱えたまま、朝の五時にJR(from高岡to大阪)に乗るが、痛みが気になり落ち着かない。
大阪での所用も終わり、飛行機で千歳に向かう。正直、背中痛・腰痛の類に、公共交通機関は厳しい。隣の乗客への迷惑を考えれば、むやみやたらに動くわけにもいかないわけで・・・

千歳から札幌まではクルマを運転。
市内に入ると、背中の痛みが増してきたのだが、あえてメシを食うことに。
「メシを食えばおさまるかも?」の期待もむなしく、痛みは強まるばかり。我が家にたどり着いた時は、深呼吸しないと耐えられないほど・・・「発作」って感じだ。
すぐさま、風呂に入り痛み軽減を図ったところ、「発作」的痛みは30分でおさまった。
痛みで眠れないと、二晩続けての睡眠不足になると思い、早々に就寝。
十二時にトイレに起き、麦茶を飲んで再びベッドへ向かうも、ウツラウツラとしたと思ったら、またまた急激な痛みに襲われる。
とても寝てはいられないので、室内徘徊・・・
そして、文頭の行動(ブログ投稿)となる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


整形的な痛みでないことは間違いない。
「尿管結石」とも微妙に違う。
夜中の麦茶と痛みが関係しているとすれば、胃や十二指腸、すい臓、胆石なんかが怪しい。
いずれにしても、「要観察」で済ませるような症状ではないようだ。
朝一で、消化器科を受診しよう。

只今、午前二時。
痛みも軽減してきたので、体力温存のために今一度寝てみよう!


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
search this site.
categories
selected entries
recent comment
links
profile
others
sponsored links
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM