<< 背中痛(相当強め) | main | つどーむ >>

上部尿路結石ってこと?

「夜が明けたら消化器科へ行こう!」と決意して二度寝したのが午前二時。それから一時間後にはまた目覚め、室内徘徊・・・そして三度寝したのは、午前4時。
仰向け、横向き、いずれも芳しくないので、よだれ覚悟でうつ伏せで寝てみたら、これが案外にいい。
結局、浅い眠りながら睡眠を維持、起きたのは八時前であった。

痛みは残るが、痛みの部位がヘソ上からヘソ中心に移ったような気がした。
この痛みの移動が、「消化器科へ」の決心を鈍らす。「石が落ちれば、痛みも下方へ」は、尿管結石の常識。
なので、この症状を消化器科で話せば「先に泌尿器科だね」なんて言われそうな気がしたのだ。

ということで、五年前の第一子誕生でお世話になった北海道泌尿器科○○病院を受診することにした。
水曜日にも関わらず、外来はコミコミ。じいちゃん、ばあちゃんの巣窟だ。
「繁盛してるんだあ、この病院」と思ったが、検査技師の話によると、きょうの混み方は異常とのこと。寒くなるとシモの病気が増えるのか・・・?

問診表に尿管結石をうかがわせるような言葉をちりばめたせいか、看護師の問診は「結石っぽいんですね。造影剤入れて写真撮ってもいいですか?」で終わり。
ある意味、こちらの意図通りではある。

単純X線→単純CT→造影CT→造影X線→排尿後X線。
この間、およそ15分。昔に比べ、随分楽になった。


いよいよ、診察。
見せられたCTはゴミだらけ。あちこちに小さい石がある。
医者  「腎臓は腫れてないですね。尿管にも石はないですね」
オイラ 「じゃあ、昨日の強烈な痛みは?」
医者  「たぶん、知らないうちに石が落ちたんじゃないですか?」
まあ、背中の痛みと泌尿器系を結びつけるのであれば妥当な回答ではある。

ただ、今回は今までの尿管結石とは微妙に違うのだ。
1.痛みが、左右いずれかではなく背中全体が痛い。
2.腹痛、下痢、嘔吐がない(石が小さいということ?)
3.生まれたわが子が確認できない。

医者のニュアンスも、「これだけの石があれば、落下して結石発作を起こし、背中痛を引き起こす可能性はある。ただし、背中の痛みの原因が、すべて結石発作とは断定できない」みたいな感じである。
↑泌尿器科医(たまに眼科医)のコメントに従い、赤字追加。

発作が起きた時のために鎮痛剤(座薬)を処方してもらったのは言うまでもない。原因が何であれ、痛みが起こったときには重宝するはずだ。

本日の会計、しめて1万800円。CT撮ったとは言えかなり高い。
背中の痛みより、こっちのほうが痛い!って感じだ。

数日様子を見て違う症状が出るようであれば、次は消化器科受診の所存。
コメント
尿管結石だけでは痛みが無いです
血尿はまず出ますが…

石が詰まって腎臓がはれたとき(水腎症)に痛みが出るわけです
基本的に腰痛は叩くと気持ちいい
水腎症は叩くと差し込まれる鈍痛があります

ひどい人だと消化器症状(吐き気など)が出て、腸閉塞になる人もいます

膀胱近くで詰まると、まれに片側の下っ腹やソケイ部、足まで攣るような放散痛が出るときもあります

うちらでもし石がなくて背部痛だとしたら…
見逃してはいけないものとして膵臓系、解離性大動脈瘤あたりですかね

なんにせよ自分だったらもし石が見つからなかったら内科に一応紹介しますね

参考まで
  • どく
  • 2008/10/22 4:34 PM
つうことは、やっぱり消化器科へ行かないといけない?

この痛み(違和感)、強さの違いはあるけど、10年以上続いているけど・・・
  • AI
  • 2008/10/22 5:12 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
search this site.
categories
selected entries
recent comment
links
profile
others
sponsored links
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM