<< インフルエンザワクチン接種 | main | 一年ぶりの長崎 >>

ギブスから包帯へ

ギブス生活丸二週間目のきょう、やっとその拘束から解放された。


「ギブスの下は垢だらけ」と覚悟していたが、さほどのこともなく、はたまたニオイも問題なし。
可動域も左手とほとんど変わらず、これまた問題なし。

あまり負荷をかけなければ、普通にしてよいとのこと。

リハビリにまじめに取り組めば、復活も近い…


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
search this site.
categories
selected entries
recent comment
links
profile
others
sponsored links
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM