<< きょうの痛ててッ!2 | main | 方言看護師 >>

大時化の予感

月例となった介護の旅、12月は行きも帰りも新日本海フェリーの「小樽新潟航路」の利用だ。

冬の日本海の宿命か、新日本海フェリーは、12月に入ってから可哀相なぐらい遅延欠航が相次いでいる。ただでさえ客足が落ちているのに、これじゃあ踏んだり蹴ったりだろうな〜

かく言う我が便も、1〜2時間の遅延が予想されるとのこと。今まで10回近く乗ってるけど、遅延するほどの嵐にあったことはない…となれば、今航海は人生最大の揺れを体験できるということも知れない。何かワクワクするね〜

ちなみに、復路便は30日に新潟出港。年末から大荒れの予想だから、こっちのほうがもっとヤバイかもね。

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
search this site.
categories
selected entries
recent comment
links
profile
others
sponsored links
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM