<< 方言看護師 | main | 今年の目標・・・その1 >>

悲しみ海道・日本海

いや〜、おとといの「小樽→新潟」間の新日本海フェリーは酷かった。
夜間(青森沖〜新潟沖)は、風波ますます激しく、3階から1階に落ちるようなピッチング&ローリングの繰り返し。

そして時折、直下型地震のような突き上げ。窓外(吃水から7〜8m。船首から100m以上)をみれば、船首で切り裂かれた波が、水飛沫となって飛んで行く…正直、生きてる心地がしなかった。


立位や座位(エロなことではない)では、吐き気が激しく、ほぼ寝たきり。当然、酒なぞ飲めるわけもなく、不快感は、下船後まる1日続いた。

そして今、復路便の船上にいる。ていうか、すでに布団の中…揺れは往路便といい勝負だ。


年末ということで、ファミリーが多い。さっきまでは子どもの嬌声が響いていい迷惑だったのだが、今やすっかりの静寂…子どもにとって、この揺れはかなりの苦行に違いない。




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
search this site.
categories
selected entries
recent comment
links
profile
others
sponsored links
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM