<< 非常持出グッズを揃えてみる。 | main | ♪エーシー〜♪が消えた。 >>

計画停波はどうでしょう?

 地上デジタルが始まったら「テレビは捨てる!」と豪語した小生も、今回の地震でその価値を見直した。ラジオのニュースよりテレビニュースのほうが圧倒的に分かりやすいし、テレビが多くのひとの命を救ったのも間違いない。

でも・・・だ!
同じような映像と同じような解説、そしてCMと言えばAC(旧公共広告機構)という横並びの民放って、「全局24時間放送」をする意味があるんだろうか?
放送法のもと、報道機関としてあまねく情報を伝えねばならないという使命があるとしても、チャンネルを選ぶ自由まで保障しなくてもよくないかい?
NHK1局だと、お上の御用放送に成り下がるので、民放も1局〜2局放送して、チェック機能を持たせれば問題ないのでは・・・?
もっとも、全局放送中の今でも、内容にたいして違いがないので、チェック機能が働いているとは言いがたいけどね。

てなことで、
計画停電のように、「今日は日テレ、明日はTBS、・・・フジ、・・・テレ朝」みたいな感じで、当番制オンエアはどうだろう?
24時間電気を使い続ける放送局が、節電を呼びかけても、イマイチ説得力にかけるし・・・

もちろん、独立U局とテレ東は当番停波の対象外。
クロスネットの地域では、画面がジージーショーになる時間帯もあるだろうが、その時はNHKを観てもらえばいい。

と思うけれど、地上デジタルの件さえ周知できない状況で、これは無用の混乱を生むだけかな〜?

節電の効果を上げるためには、ケータイの緊急地震速報もあることだし、「テレビをつけない」という選択を視聴者がすればいいことかも。

ってことは、やっぱり小生「テレビは捨てる」に行き着いてしまう・・・
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
search this site.
categories
selected entries
recent comment
links
profile
others
sponsored links
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM