<< 米(アメリカ)の懸念 | main | 高校野球○、プロ野球×・・・の意味が分からない >>

白米(シロヨネ)千枚田

 「コメ」 「アメリカ」とくれば、「ヨネ」しかない・・・そう、「米」の読み方だ。


白米千枚田先週の非国民的マラソン(能登和倉万葉の里マラソン)出場のついでに訪れたのが、能登半島・輪島市の「白米千枚田
季節は田起こし前の3月、太陽に反射する水の輝きも、早苗の緑も、黄金の稲穂も、はざかけの郷愁もないけれど、「日本の棚田百選」をリードするパワーも持っている。

と言いつつも、見た目と経済性は相容れない。
水の確保もままならない傾斜地、しかも、海風ビュンビュンの場所さえも、米作りをしなければならなかった経済構造は、ある意味不幸だろう・・・
いや、労働力を過剰に投入(ムリ)してでも、米が作れたのだから幸せなのか?・・・近くには、米すら作れなくて、塩生産に特化したもある・・・

白米千枚田の風景は、確かにすばらしい!そして、その風景を残すための活動もすばらしい!・・・・が、ここよりもっともっと条件のいい(経済性の高い)農地が荒れ果てていることにも、注意をしなければなるまい。

と、偉そうなことを思った能登の旅でした(非国民じゃないことのアピール)


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
search this site.
categories
selected entries
recent comment
links
profile
others
sponsored links
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM