<< グッバイ、札幌マラソン! | main | 後からとは卑怯なり! >>

ボクがサッカーをできない(ヘタという意味ではない)理由

 赤丸部分が痛い。
いわゆる<第一中足骨>だ。

安静にしていれば問題ないのだが、歩く(足首を曲げる)とそこそこ痛い。
走れば痛みもひくかと思い、朝ランに出かけるも、さらなる痛みのために、50メートルで断念、町内一周もできなかった。

さてさて原因であるが・・・
急激に痛くなったわけではないので、確たるものが思いつかない。

昨日は朝ラン16キロ。
でも、その後に痛みがきたわけではないので、「靴ひもの締め付けすぎ」というのも当たらない・・・ていうか、いつものシューズをいつものように履いたのだから、トラブルが生じるわけもないのだ。
なお、第一中足骨だから、疲労骨折の可能性も低い。

となれば、原因は夕方のサッカー。
キツキツのサッカーシューズの靴紐を、これでもか〜って感じで締めたのは事実・・・でも、痛いのは左足のみ、右足はなんともない。う〜〜んっ??

で、よくよく考えてみれば、患部はパントキックの打点付近。つうことは、単なる打撲痛or剥離骨折?
と、思うも・・・
「今季初蹴りだったとはいえ、そんなとこが痛くなるのか?」
「朝から晩まだサッカーやってた時代だって、そんなとこは痛くならなかったぞ!」

2〜3日安静にすれば治ると思うが・・・ネクストランまで2週間の今、ラン中止は厳しい。

サッカーのために始めたランなのに、今や本末転倒。
「サッカーをすることで、ランに支障をきたしてはいけない」というのが行動(運動)基準となってしまっている。

これでは、ますますピッチが遠のくな〜と思いつつも、「たまにしかやらないから怪我するんだ!」というのも、これまた事実・・・悩むな〜



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
search this site.
categories
selected entries
recent comment
links
profile
others
sponsored links
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM