<< 白鳥大橋ハーフマラソン | main | カズ、カズ、カズ! >>

イゴールから4ゴール!

   

この前の日曜日、久しぶりにFリーグ(エスポラーダ北海道)を観戦してきた。
ホームのエスポラーダ北海道にとって、苦手のシュライカー大阪戦だ。いつも前半は善戦するが、後半ズルズルと引き離されるのが、定番となっている・・・

が、この日のエスポラーダは違った。
シュライカーに先行されるも、すぐに追いつくパターンで、前半を2−2で終了。

後半、関口のナイスセーブで粘るが、立て続けに2点を決められ2−4・・・・嫌な感じだ。

残り2分、ここからエスポラーダの反撃が始まった。
今年からジャージをやめ、スーツに着替えた小野寺監督は、パワープレイを選択。
これが見事に決まる。
パワープレイ開始早々、ゴール前で水上玄太が押し込んでまず1点。
反撃もこれまでと思われた残り10秒弱(たぶん)、ゴール前に上がったセンタリングを水上玄太が、オーバーヘッドシュート・・・はいっちゃった!!これで、同点。

この時の残り時間は、なんと1.8秒。もはや、シュライカーにゴールする時間はない。
こうして、エスポラーダは、4−4で価値ある引き分け。てういか、エスポラーダにとっては「勝ったも同然」、シュライカーにとっては、「負けたも同然」の結末。

ピッチも観客席も大興奮のエンディングである。
こんな試合を見せられては、次も応援に行かないわけには行かない・・・次回のホームゲームは、11月23日の「アグレミーナ浜松」戦。



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
search this site.
categories
selected entries
recent comment
links
profile
others
sponsored links
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM