<< カズ、カズ、カズ! | main | 悪魔の正体 >>

きたひろしま30kmロードレース


2012年のラストランは、「きたひろしま30kmロードレース」だ。
この大会は、事情により今年は中止となった「きたひろしまエルフィンロードハーフマラソン」の代わりに開催された(予想)感じ。

コースは、一部公道(1キロ強)を使うも、ほとんどが北広島市が管理するエルフィンロード(JR千歳線に並行するサイクリングロード)、昨年までのエルフィンロードハーフマラソンと違わない。
ただし、今回は30キロなので、このコースを2往復することになる。中間地点に峠があるので、ダラダラ上ってダラダラ下るというのを、都合4回繰り返さなければならない。
線路(旧千歳線)の跡地だけに、坂がそれほどきつくないのが、せめてもの救い・・・とは思うも、2往復は飽きる。

なんてことを考えながら走っていると、最初の折り返し点(7.5キロ)の手前1キロあたりで、「AIさ〜ん!」という声を耳にする。
誰???・・・と思い、復路側をみると、サッカー仲間のかわちゃんを発見!
「出てたんだあ〜」という感慨もつかの間、思わず「速ッ!!」と叫んでしまった。折り返し点までの距離から判断すれば、6.5キロ地点ですでに10分以上離れていることになるのだ。

別に張り合うつもりはない・・・ていうか、張り合う走力でもないけれど、ボーッとした気持ちのなかに、ちょっと刺激が加わったのは事実。
残り2回(同じコースを2往復するので)のすれ違いで、できるだけ離されないようにガンバロウという気になり、ちょっぴりスピードアップ。

で、2回目のすれ違い(14キロ地点)ではおよそ14分の差、3回目(22キロ地点)で16分の差がついた。最終的には、小生より20分以上早くゴールしたことだろう。

昨年までの大会は、初夏のエルフィンロードだったが、今年は晩秋。
緑に溢れた夏もいいけど、黄葉した葉が舞い散る中、落ち葉を踏みしめて走る晩秋のエルフィンロードもまた格別。
シューズ納めにはいい大会となった。

<追伸>
ラン中、すれ違いざまに誰かに声を掛けられたような気がする。もしお知り合いだったら、リアクションもせずゴメンなさい・・・





コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
search this site.
categories
selected entries
recent comment
links
profile
others
sponsored links
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM