<< たそがれランin長崎 〜 朝焼けランin福岡 | main | ノーザンホースパークマラソン2013 >>

第25回 日刊スポーツ豊平川マラソン

 「5月5日が55歳最後の日、5月6日が56歳最初の日」という、どうでもいいような数字マジックで終わった今年のゴールデンウィーク・・・寒かったね〜!

そんな5月5日、恒例となっている「日刊スポーツ豊平川マラソン」を走った。
ちなみに、今年のゲストランナーは、あの川内優輝選手。小生が往路で四苦八苦している時、反対車線(サイクリングロード)を風のように駆け抜けていった。

で、小生はと言えば、16キロで大失速・・・
コース的に、往路は豊平川に沿って上流から下流へ向かい、復路はその逆となる。てなことで、若干下りの往路でぶっ飛ばすと、若干上りの復路が地獄となるのだ。

そんなことは重々分かっているのだが、「下りの前半でタイムを稼ぎたい」という誘惑に負けて、毎年多かれ少なかれ失速を経験している。

でも、今年は失速を通り越して、危うくエンストというレベルだった。正直、何度か立ち止まったし・・・
最後は歩くようなスピードで何とかゴールはできたけれど、いささか情けない。

年々、「カラダはまだいけそうなのに、ココロがブレーキをかけてくる」感じがする。
簡単に言うと「死ぬ気でがんばれない」ってこと。

とは言え、「死ぬ気で頑張ったら、ホンとに死んでしまう年頃になってきた」のだから、これはこれで良しとしなければいけないのかも・・・と、チキンな言い訳。
コメント
たまたま自転車で通りかかったらマラソンやってたので、幌平橋に近くでしばらく見てました。
ところでIさん、去年は一度も球蹴りしてないのでは?
  • abj
  • 2013/05/09 12:05 PM
確かに!
ここまでご無沙汰だど、行くのが照れくさい・・・
  • AI
  • 2013/05/19 4:07 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
search this site.
categories
selected entries
recent comment
links
profile
others
sponsored links
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM