<< 第25回 日刊スポーツ豊平川マラソン | main | 川内優輝も走った「第33回千歳JAL国際マラソン」 >>

ノーザンホースパークマラソン2013

 「先週の大会は・・・」といきたいところだが、先週はのっぴきならぬ仕事で、完テツ40時間×2を経験し、本来予定していた「洞爺湖マラソン」を2年連続で棄権してしまった。
しかも、しかもだ!その乱れた生活で「痛風再来」う〜ん、踏んだり蹴ったり!

てなことで、先々週の「ノーザンホースパークマラソン」について。

日本の競馬界を牛耳る社台ファームグループの開催とあって、それはそれはバブリー(死語)!
だいたい、ハーフのくせして参加料が8000円とはどういうこと?・・・って感じで参加してみた。

結論から言えば、8000円の価値は十分にある。ホスピタリティがとにかくグッドなのだ。
選手ならビュッフェ食べ放題。しかも、レストランその他の建物の中が自由に使える。
同伴の家族も、寒空に外で待つ必要がない。
当然、トイレも室内が使える。しかも、1〜2時間ごとに掃除してる感じで、やたら清潔!
「こんな大会出てたら、普通の大会無理だな〜」って思いになる。

そして、お待ちかね抽選では、「一口馬主権」が6口(うろ覚え)!
これは、馬(競馬)好きにはタマランらしい。当たって泣いちゃうレディもいたくらいだから。

記録的には、絶好調だったし、来年出ない選択はない。絶対出る!
まあ〜一番出たがって(行きたがって)いるのは、マネージャーだけど・・・


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
search this site.
categories
selected entries
recent comment
links
profile
others
sponsored links
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM