<< 肉離れ? | main | 見切り発車 >>

ランニング依存症

きょうは、楽しみにしていた「サッカー&キャンプ in 洞爺湖」の日だ。
がしかし、肉離れモードにつき参加できない・・・・

この肉離れ、ガマンすればキーパー程度は問題ない。でも安静を破ってプレーしてしまえば、27日のセカンドランでは、1キロも走らないうちに痛みがぶり返すのは間違いなく、途中棄権の憂き目にあうこと大なのである。
もちろん、キャンプだけの参加ってありなのだが、性格上、サッカーをガマンできるほど強靭な意志を持ち合わせていない。
ということで、「君子危うきに近寄らず」・・・・きょうはおとなしく札幌ステイ。

思うに、ランニング・ハイの延長で日常のテンションを保っているオイラ・・・この安静は辛い。テンション下がりっぱなしなのだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ビッコはほとんど治った。痛みも感じない・・・
窓の外を見ていると「試運転、してみる??」の気分が盛り上がってくる。ワァぁー、間違いなくランニング依存症?!

ちなみに依存症の条件(複数あれば依存症の疑い)by ウィキペデイア
1.耐性が形成されている。
2.離脱症状がみられる。
3.はじめの心積もりよりも大量に、またはより長期間、しばしば使用する。
4.その行為を中止または制限しようとする持続的な欲求または努力の不成功がある。
5.その物質を得るために必要な活動、物質使用、または、その作用からの回復などに費やされる時間が大きい。
6.物質使用のために重要な社会的、職業的、または娯楽的活動を放棄、または減少させている。
7.精神的または身体的問題がその物質によって持続的または反復的に起こり、悪化しているらしいことを知っているにもかかわらず、物質使用を続ける。


自己分析してみるに・・・
運動強度を上げないと楽しくなくなってきたから、1,2は間違いない。
きょうは軽めにと思って走り始めても、ヘトヘトになるまで走ってしまうので、3も当てはまる。
仕事をうっちゃっても走るから6もビンゴ。

ランニング依存症は、基本的にはプラスだ(突然死&ケガを除けば)・・・少々仕事が犠牲になったしても、その何倍かの人生に対するパワーも得ているわけだし。
コメント
逆に札幌に居たら走っちゃうのでスモーク大臣のスモークを食べに来れば良かったのに・・・

サッカーは地獄の様な暑さで体がまったく動かず悲惨な事になってました
  • rolly
  • 2008/07/20 12:13 PM
お疲れさん!
一切走ってないよ〜札幌でも。
来週中ごろまで違和感が残るようなら、出走取り消しの所存。
  • AI
  • 2008/07/20 10:35 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
search this site.
categories
selected entries
recent comment
links
profile
others
sponsored links
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM