(酒)工場見学第2弾!


先週の「ニッカ余市醸造所」に続き、今日は「ふらのワイン工場」見学。

見学といいながら、試飲コーナーに直行したのは言うまでもない。
今日は、白×2・ロゼ・赤の4種類を試飲。ラベンダーにはちと早いので、ひともマバラ…ゆっくりと味合うことができた。

その後、麓郷の森を訪問。
さすがに往事の賑わいはないが、それなりに見学者がいる。
ただし、ほとんどのひとが昭和の香りプンプン。
マァ〜、リアルタイムで「北の国から」を観てた平成生まれはいないわけで…


雪の富山

小生、ご幼少のみぎり、富山(いわゆる裏日本)は豪雪地帯と習った。

しかしながら、富山通いも今度の冬で三回目となるが、過去二年、積雪を見たことがない。「暖冬続きで、富山名物寒ブリが揚がらない」という嘆きもよく聞いたものだ。

ところが、今冬はちと違う。昨年末の富山行でも大雪にあい、そして今回も数センチの積雪という尋常ならざる事態に遭遇。

自称道産子にとって雪なんてヘッチャラ!…と思いきや、シャーベット状の雪はかなり厄介。歩道は融けた氷水状態なので、靴にすぐ水がしみてくるのだ。もちろん、札幌に比べれば、かなりの気温なので、しみた水が足に突き刺さるようなことはないけどね。

小樽―新潟航路

今年最後の介護の旅は、小樽発新潟行きの新日本海フェリー。

師走の旅を安くあげるには、これしかない!家族連れが多くて、少し騒々しいが、この時期でも、一等が追加なしでシングルスユースできるのは有り難い。

いずれにしても、冬の日本海が荒れないことを祈るのみ…

やすらぎ伊王島

長崎遠征最後の宿は、長崎港外伊王島にある「やすらぎ伊王島」(温泉)

長崎港から高速船でおよそ15分の距離…手頃なリゾート地だ。

一泊ではなく、ステイして楽しみたい場所である。

一年ぶりの長崎

は…、ヤッパリ寒い!

と言いつつも、そこは南国。風景が違う!常緑樹の緑はやはり暖かい。

こんな景色を見ていると、「白い大地」に帰るのがイヤになる。


スイッチバック

TV-CMにだまされて??、遠軽町のコスモスを見に行ってきた。
「日本一!」と言うだけあって、さぞや広かろうと期待していたのだが、意味なく広い駐車場に比べ、コスモス畑はそうでもない。
山のてっぺんから、裾野まで一面のコスモス・・・ってわけにはいかないようだ。
そういえば、富良野のラベンダー畑だって映像で見たほうが「広く」見えるもんね。

しかも、昨日はオホーツクの気まぐれ天気の洗礼を受け、降ったりやんだりの豪雨。畑の中を川になって流れる雨を見れば、晴れ間をめがけて散策する勇気も沸かず、駐車場から雨に煙るコスモスを眺めるしかなかった。

で、思いついたのが北海道でも数少ないスイッチバック駅の遠軽駅見学。
古びた駅舎、板張りの床を持つ跨線橋など、昭和の「国鉄」って感じが懐かしい。
う〜ん、一眼レフが欲しくなった・・・・

<写真>
左の線路が旭川方面、右が北見方面





青函フェリー

明日(2009.7.5)のAOMORIマラソン出場に備え、津軽海峡横断中。

青函航路は三十年ぶり!昔と船は違えど…懐かしい。



search this site.
categories
selected entries
recent comment
links
profile
others
sponsored links
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM